公社一般賃貸住宅法人契約のご案内

契約形態について

一般的な借上社宅等の法人契約は貸主と法人の二者契約となりますが、公社の場合には、法令上の制限により貸主(公社)と借主(実際に住む方)と法人の三者により契約を締結し、借主・法人がそれぞれ連帯債務を負うかたちとなっております。
なお、借主(実際に住む方)につきましては、一般の契約者と同様の資格(連帯保証人の条件は除く)および書類が必要となります。(資格については上記をご参照ください。)

賃料等の支払いについて

家賃の支払方法は3通りになります。

  1. 口座振替(家賃の支払名義人が借主(実際に住む方、法人可))※取扱金融機関は(株)千葉銀行、(株)京葉銀行、(株)千葉興業銀行の本支店になります。)
  2. 払込書(家賃の支払名義人が法人の場合のみ。公社所定用紙を使用していただきます。)
  3. 直接送金(家賃の支払名義人が法人の場合のみ。(株)千葉銀行の公社口座へ振り込み。)

 

提出書類

ご提出いただく書類は以下のとおりです。

資格審査

  1. 法人の商業登記簿謄本または全部事項証明書
  2. 申出書(公社書式)
  3. 家賃等の支払名義人および支払方法について

ご契約時

  1. 法人の印鑑登録証明書
  2. 賃貸借契約書(記名、押印願います。)
  3. 居住者カード(記入願います。)なお、勤務先法人の書類の提出が困難な場合はご相談ください。

お問い合わせは、こちらまで